外為市場としてのFX(外国為替証拠金取引)を、詳しく追求してみます。FX(外国為替証拠金取引)は二国の貨幣を売り買いをしてその二つの差引額を儲けるという方法となります。この二つの異なる国の通貨の関係で作り出される差益の金額をスワップ金利と呼んでいます。こうしたスワップ金利ですが、正式名はスワップポイントと呼ぶようです。このスワップ金利とは、一日ごとにもらえますが、日々の為替の相場の変わり方によって違うらしいです。こういうFXのスワップポイント(スワップ金利)で儲けることをねらってFXのトレードを行っている人々もいるみたいです。スワップ金利は、取引業者ごとで違うところがあるためちょっとでも高い取引業者を利用したい所です。しかし、スワップ金利(スワップポイント)は為替レートが動くことによって一緒に動いてしまうので要注意です。同時に、為替取引を行う時は図を読み取る力が必須になってきます。チャートを読めると、為替相場の動きを予想する可能となると言います。外国の為替ビギナーが見た際何の為の図表?とわからないと思ってしまうかと思いますがツボを抑えていることにより図の理解が出来るのです。この時期から日本円が上がるもしくは下降するだろうという風にこの時が一番円安になるとこの図表で判断する事が出来るようになり、為替トレードを行うためには大切なものとなるのです。グラフは日本では普通ローソク足(陰陽足)が使われローソクの形のようなグラフで書かれています。このローソク足(陰陽足)によって、高値か安値加えて終値か始値などを表されていて図表の中で多種多様な格好になって行くのです。