通常の初心者用の外国為替証拠金取引の本では、「損失が生じた時にはナンピンをすることで、平均のコストをコントロールする」などとアドバイスしていたりしますが、正直に言うとそれにはかなり大きな落とし穴がある。ホワイトヴェール

まずはじめに、ナンピンの手法に関してごく簡単に記述します。アヤナス

ひとつの例として1ドル=100円でドルを買ったとします。1歳 誕生日 ケーキ 通販

ドル買いということで円安ドル高に推移するほど儲けが大きくなりますが、1ドル=95円までドル安が進んだとします。草花木果

その状態でポジションを持ち続けたら、損失が回復するまでには、5円分、ドル高が進まなければならない。草花木果

誰もがみんな、マイナスは早急に回復したいと願います。カニ通販年末年始

ここではじめに買ったのと同額の$(ドル)を1ドルを95円で買い増します。

そうすると、ポジションの平均の買い付けコストは1ドル=97.50円まで低くすることができる。

つまり、2円50銭の幅で円安ドル高に推移すれば、損失を取り戻す事が出来ます。

これが、ナンピンの原理です。

こういうふうに、ナンピンの手法を知ると「その通り」という考えになるが為替はそう容易には思い通りにはいきません。

1ドル=95円より下がらないとは誰も分かるはずがありません。

仮定として、為替相場が強い円高トレンドだったら、95円では止まることなく、より一層円高になる危険性があります。

たとえば、97.50円でナンピンをしたにもかかわらず1ドル=95円までドル安になっとしたならばナンピンをした分についても、赤字が生じてしまいます。

その状況では、一番初めに保有したポジションと一緒に、ダブルでマイナスが生まれる事になります。

例示したとおり、ナンピン買いは大変です。

それならば、市場があなたのストーリー展開とは別の方向にみるみる行ってしまった場合、どういった対応で危険の確率を避ければいいのでしょうか。

この場合取れる選択肢は2つ。

まずひとつめは覚悟を決めて、ポジションを諦める事です。

もうひとりは、その時点で、自分か保持しているポジションを少なくして、再び為替相場が戻るのをじっと待ち望むことです。

相当大人しい手法だと言う方もいるだろう。

しかし、自分の買いポジションに損失が生じた時一番適切な方法はこの2つ以外には考えられません。

当然、机上ではナンピンを入れるという方法もあるように思えます。

だけどナンピン買いは損をしている状態で、買いポジションを小さくするどころかそれとは反対にポジションを重ねていく方法である。

それでは、危険をコントロールすることなどどう頑張っても無理だと考えるべきです。

ナンピン買いをし続ければ最終的にはマイナスがプラスになるかもしれません。

でも、その前にお金はマイナスになってしまいます。

  • Copyright © 2012 www.newbostonbaptist.com All Rights Reserved.