キャッシングの引き落し方法というものは企業各個でギャップというものがあって、様々な方法が取り入れられてます。

基本的なところでは残高スライド法やリボ払い方式などが多く採用されているみたいです。

そしてこのような多くの人が知っているリボルディング払ですが、実を言うと算出手法には多くの様式といったものがあったりするのです。

よってさのごとき手法に応じて返済額が異なってきてしまうので心得ておいて負担になることはないと思います。

それでは理解しやすくそれぞれの方法のギャップに関してを解説していきましょう。

一つは元金均等払いで、二つめは元利均等払いです。

両者は読んで字のごとく元金を均一にして返済していくのと、元本と利子をあわせて一様に返済していく様式になります。

ここではたとえば10万円借りたとして、具体的にどういう勘定をするかやってみます。

利分については双方とも15%というように試算します。

更にまたリボルディング払の返済を1万円と仮定して試算します。

ともかく元金均等払いからです。

斯様な事例の初回の支払については1万円に対して利率分1250円を足した金額になります。

2回目の支払いについては1万円に対して利子1125円を合計した返済へとなります。

こういったふうにして総回数10回で返済を完了させると言う様式です。

一方、元利均等払いとは初回の支払に関しては1万円で元本へ8750円、利率へ1250円という具合で分配します。

次の引き落しについては元金が8750円へと減った状態で金利を算定して、その1万円を再び分配します。

要するに、元利均等払いの事例は10回で支払いが終了しない勘定になってしまうのです。

こればかりの違いで両者がどれくらい変わってるのかが十分わかったことかと思います。

元利均等とは元金均等と比較してまぎれもなく元が縮小していくのが緩慢と言う欠点というのがあるのです。

別のことばで言えば利率というものを多く支払うという状況になったりするのです。

一方で初回の引き落しが少なくてすむと言うプラスもあります。

こういった引き落し形式に関する差異に呼応して、支払い額が相異なってきたりしますのであなたの好みに応じた方針をするようにしていきましょう。

  • Copyright © 2012 www.newbostonbaptist.com All Rights Reserved.