自動車を持つ方は承知だのはずですが、自動車税が課税されます。75-12-129

そしてこれは自動車買い取りの際に一般に還付されるのです。75-8-129

こういった内容はやってみたら直ぐに頭に入ってくると思いますがでは最初から順に説明していきます。75-9-129

ちなみに記載させて頂けば日本のクルマに限らずドイツ車等も税金が返還される範囲になります。75-13-129

これは車などもそうですね。75-4-129

自動車税は車の所有者が支払い義務を負うお金で、これは自動車の排気量の大小で決定されます。75-15-129

1リッター以下なら29500円、1リッターから1.5リッターまでなら34500円。75-6-129

その後は500cc刻みで5000円増えます。75-17-129

そしてこれは4月1日時点の保有者が来年3月までの税金を納付する義務となっています。75-20-129

ということは先払いになるということですので勿論クルマを買取してもらって、所有権を失ったケースはその分の金額は還ってくるというわけです。75-5-129

この税は前払いで今年度の税金を払いますから、その年度内に愛車を引き取ってもらった場合は、買い取ったオーナーがお金を納めなければいけないということです。

買取先が中古車買い取り専門店ならば、売却時に自分が先払いしている分の金額を返してくれます。

つまり、所有者でなくなった時より後の税額は入れ替わったオーナーが納税義務を負います。

もしあなたが10月のうちにクルマを売却したケースでは、11月以降翌年3月中までの税額は還付されます。

というのも前も述べた通り自動車税は一年分を先払いしているという決まりからもわかります。

つまり前所有者は売却相手に払いすぎたお金を返還してもらうということなのです。

個人間で車を手放す場合には、何気にこの事実に気づかない人がいますためぜひ確認をとるようにしましょう。

自動車税という税金は自動車を売った際に戻ってくるという知識を意外と知っている人がいないからと言ってその状況を悪用している業者もあるのです。

こちらから返金に関して言わなければ一切税金のことに言わないという場合もたびたび聞きます。

ですので愛車の買取をする際には自動車税が返ってくるのかどうかを聞くことを忘れないようにしなければなりません。

Copyright © 2012 www.newbostonbaptist.com All Rights Reserved.